豚インフルエンザがメキシコで流行しているとか。

対策は遅れているようですが、メキシコシティを中心に小中学校などを含め、公共施設を軒並みお休みにしたようですね。

これが日本に入っている(入ってくる)可能性は大きいようですけれど、これだけ多くの人たちがいろんな国や地域を行き来していることを考えれば、当然といえば当然。

しかし、個人でできる感染対策は、結局冬の間に流行しているインフルエンザの予防と変わりないようです。

そこで、私がお勧めするのは、粘膜を一通り洗いましょう。というもの。

目もそうです。ただし、洗いすぎると角膜に負担がかかるようですから、洗いすぎには注意する必要があるようですが。(できれば鼻も洗いたいんですけれどね…^o^;)

 

昔、といっても12~3年くらい前になるでしょうか、結婚式場にも使えるような、大きな会場に300人以上が入って技術研修会が行われたことがありました。
当時、1月末だったと記憶していますが、私はそのお手伝いで参加していたんです。

季節が季節ですから、一人の風邪が、少しずつ広がり、結果、ほとんどの参加者が風邪を染された。ということがありました。

しかし、私は、ちょっと喉がおかしい。と思ったら、すぐに洗面所でうがいをし、目がおかしい。と感じたら、すぐに洗うようにしていました。もちろん水を使いますから、その都度手洗いもできていました。
一緒に手伝っている同僚達は、私のその行動を笑っていましたけれどね。

結果、同室(5~6人部屋)の人たちは全員感染。もちろん、会場のほとんどの参加者が風邪を染された状態ですから、当然といえば当然ですが、その中で私一人だけが健康を維持していました。

マスクはしていませんでしたから、うがい・手洗い・目を洗う。だけで防ぐこともできるんですね。
マスクがあれば、さらに強力でしょう。

お勧めです。ちょっとおかしい。と感じたら、すぐに「うがい・手洗い・目を洗う」を実行してみてください。すぐです。

というのも、粘膜でウイルスなどが防げる時間は、わずか3分だと言われていますから。

 

あとは、豚インフルエンザがどのように流行していくかをしっかり監視していく必要があるでしょうね。

YOMIURI ONLINEに、Q&Aが掲載されていました。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20090426-OYT1T00214.htm

ご参考までに。m(_,_)m(既に削除されているようです)